556glass

釣り用偏光サングラス『556glass』

556glassのレンズには世界で初めての技術が使用されています。

『NEO CONTRAST(ネオコントラスト)』

 

556glassレンズ[NEO CONTRAST(ネオコントラスト)]とは?

世界で初めて黄色の波長だけをカットすることを可能にし、色彩感覚を向上させ、

まぶしさを最大限に抑える特殊レンズです。

 

人間の見える世界で最も眩しく感じるイエローライト(黄色光)を極限までカットし

その他の赤・緑・青色を見えやすくするためにとてもクリアに見えるようになります。

556glassに搭載しているレンズは、ベースにネオコントラスト機能を含んだ偏光レンズに

なっていて全てのレンズがイエローライト(黄色光)を70%カットしています。

 

釣り用偏光サングラスとして、水辺を見れば

藻は青や緑、岩や土は赤系の色をしています。

 

眩しい太陽光のイエローと乱反射をしっかりとカットすることで

今まで見え辛かった、PEラインの色やウキの細かなモーションまで認識しやすく

することを追求したのが

556glassのレンズに搭載されている「NEO CONTRAST(ネオコントラスト)」機能!

 

言葉で見るより556glassテスターから提供いただいたこちらの画像をご覧ください。

裸眼で見る海面は乱反射の影響で見え難く海中はほとんどみえませんね。

 

珊瑚や沈み根がクッキリなので、エギのロストも格段に減り海中の藻の際、

アオリイカいるところを攻めてもクリアに見えている事で

スムーズなやり取りができ釣り幅が広がり一生忘れられない感動となりました。

 

水面の必要のない乱反射を取り除き、水中の見えやすさがよくわかると思います。

556glassに出会う前は他社製サングラスを使ってたのですが、海底の砂模様まで

クッキリ見えたのには驚きでした。

 

 

 

釣り用偏光サングラスに必要な明るい視界

釣り用として偏光サングラスに求められる明るい視界。

自然の中で楽しむ釣りは常に光量が変化します。

明るい太陽光は抑えることが出来ても、雨や雲に覆われた暗い視界を明るくすることは不可能ですが

体感で明るく見える視界を作ることは可能です!

 

逆光のシルエットを想像してみてください。

なぜ暗いシルエットにしか見えないのでしょうか?

答えは光が当たっていないからです。

光が当たるところには色が見えて、影になっている部分はほとんど色が見えません。

 

人間の見える物には光が当たるとコントラストが現れ、色が見えるようになります。

より色が鮮明に見えれば?

実際には明るさは変わっていなくても視界を明るく感じることが出来るわけです。

 

マズメと呼ばれるまだ薄暗い時間帯に釣りは好機が訪れます。

薄暗い視界でも、乱反射が眩しい日中でも見えやすい偏光サングラスこそ釣り用として最も求められるレンズ。

 

明るい視界と、必要のない乱反射を抑えたレンズこそが

556glass『NEO CONTRAST(ネオコントラスト)偏光レンズ』なのです。

 

眩しさと乱反射を押さえるために色の濃い(可視光線透過率の低い)レンズを選びがちですが、

裸眼で暗闇に行くと最初は全く見えないのにしばらくすると慣れてきてうっすらと見えてく

るのはなぜでしょうか? 

そうです! 目の瞳孔が開いてわずかな光を取り入れモノを見ようと働きをするからです。

サングラスをかけた時も同じ原理が働きます。

 

色の濃いレンズを使う事で瞳孔が開き気味になりサングラスの上下、左右から侵入する

雑光の影響で釣りが終わってからサングラスを外した時に目が痛く感じたり、頭痛したり

する要因になります。

 

556glassの搭載レンズは、色が薄い(可視光線透過率が高い)レンズですが

眩しさと乱反射をしっかりと遮断しフレームも上下、左右からの雑光の侵入を防ぐ構造になっているので

長時間使っていても目が痛くなったり、頭痛がしたりストレスを感じることはありません。

さらに長時間使っていることで視覚・色覚の改善に期待ができる556glassです。

 

556glassオンラインストア

 

-556glass

Copyright© 556glass , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.