556glass Instructor tester

556glass フィールドテスター『髙野光彦』

髙野光彦(たかのみつひこ)フィールドテスター

1964.2.5 生 長崎県佐世保市在住

〈趣味〉 磯釣り (グレ・チヌ・イサキ・真鯛釣り) 

〈所属メーカー〉 ONIGAKE テスター KIZAKURA テスター UNITIKA テスター 

 HIROKYU モニター 556glass フィールドテスター

〈所属クラブ〉 佐世保釣遊会(会長)  チーム鬼掛 長崎佐賀支部(初代会長)  クラブキザクラ西九州

〈露出媒体〉 KTNテレビ長崎 「釣-リスト」  ブログ: おながの磯(船)(投稿数 3,911回)

小さい頃から川や海での魚釣りに始まり、高校生の頃は九十九島でのチヌ釣りに没頭。

20歳を過ぎて本格的な磯でのクロ釣りにはまり、男女群島で釣ったオナガグロを

きっかけに月刊誌「釣春秋」に投稿。

その後、同月刊誌「長崎県下釣り場巡り」をタイトルに21年間ライターとして記事を連載。

現在は、磯からのグレ・チヌ・イサキ・真鯛釣りを主体にSNS等で配信中。

また、近年は地元のテレビ長崎が年1回程度放映している番組「釣-リスト」で

アイドルグループ「HKT 48」のメンバーと釣りの面白さを伝える番組に「地元の達人」

として出演中。

磯のグレ釣りやチヌ釣りが主体であり、KIZAKURAウキを使った「全層沈め釣法」や

「半遊導釣法」で、状況に応じたウキの使い分けで釣果を伸ばすよう心掛けています。

そんな様々な場面で活躍してくれるのが「556glass」。

釣り場について、まず大事な事はどんなポイントで魚を狙うのか、磯の形状・海底の形状

潮の流れを観察する事でおのずとポイントが定まってくる。

晴天の日の逆光によるギラギラや曇天の日の暗い海でも「556glass」のネオコントラスト

調光偏光レンズが活躍してくれ海の中までくっきりと見える。

特に、全層釣法の場合、道糸の動き・仕掛けの入り具合が見える事は釣果アップに繋がる

最強のアイテムになっています。

 

髙野光彦 着用 556glass【Izumo】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

-556glass Instructor tester

Copyright© 556glass , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.